自然な帽子付き

癌治療などの副作用の場合、約1年から1年半程度、ウィッグが必要になります。しかしそれが過ぎれば自分の毛が生えてくるので、あまりウィッグを使用しなくなることがほとんど。そこであまり高い価格のウィッグはもったいないと思っている人もいるはずです。でも一番安い人工毛の既製品タイプでは、やっぱり毛のツヤやデザインなど、やはり自然な仕上がりとはなかなかいきません。

帽子付きウィッグそこで人気があるのが帽子付きウィッグです。人工毛であっても、とても自然な仕上がりとなります。生え際が帽子で隠れるので、とてもナチュラル。思い切って明るい色の人工毛のウィッグを被ってみてもいいのではないでしょうか。もちろんミックス毛ならより自然なできあがりとなりますが、価格的には5000円台からあります。

これなら幾つか違ったタイプのウィッグを購入して、その日の気分や洋服に合わせて被るというのもおすすめです。まったく自然なので人の目も気にせずに外出もOK。ロングなら女性らしく、ショートならキュートな感じになるので、いろいろ楽しめるのではないでしょうか。またニット帽タイプはカジュアルな服装にピッタリですが、ハット帽タイプならエレガントな服装にもピッタリです。帽子だけチェンジできるタイプもあるので、いろいろ楽しめます。

医療用ウィッグの仕様

医療用ウィッグ医療用ウィッグには仕様には既製品、セミオーダー、フルオーダーの3種類あります。フルオーダーウィッグは毛質、スタイル、サイズ、デザイン、カラーとすべて自分にピッタリのウィッグを作ってもらいます。そのため思ったようなウィッグができあがりますが、価格は30~80万円程度となり、成作に30~40日を要します。またセミオーダーの場合は8割出来上がっているウィッグにサイズ、デザイン、毛質、カラーなどを幾つかの中から選ぶというものです。早ければその日のうちにできる場合もあります。価格は5~30万円ぐらいで購入できます。フルオーダーやセミオーダーは専門店に行くか訪問サービスを使って、サイズなどを測ってもらうことが必要となります。

また通販でもすぐに手に入るのが既製品です。デザイン、カラー、毛質、サイズを出来上がっているウィッグの中から選ぶというものです。フルオーダーは人毛がほとんどですが、セミオーダーになるとミックスもあり、既製品になると人毛、人工毛、ミックス毛などいろいろ揃っています。ウィッグ専門店で購入する場合は、自分で試着してみることができますが通販では試着ができないというデメリットがありますが、合わなかった場合は返品ができるタイプのものが多いので、勇気を持って購入してみるのもおすすめです。ただ、最近では無料試着ができる医療用ウィッグ通販が増えつつあります。自宅でお試し頂ける無料試着サービスですので、人目を気にせずに試着ができるでしょう。購入後も、カールや長さなどのスタイルの調整も無料で行って頂けることができます。

医療用ウィッグの毛質

最近は若い人にも癌が増え、治療のために頭髪が抜けるという副作用に悩む人も増えています。そこで現在は医療用ウィッグも高品質で購入できるようになっているのです。おしゃれウィッグとは違い、医療用ウィッグはデザインがちょっと……なんていう時代はもう昔のこと。今は髪がほとんど抜けてしまった人に合わせた仕様になっていながらも、とてもおしゃれなものがたくさん出回っているのです。使い心地も抜群で通販でも簡単に購入することもできます。そんな医療用ウィッグを選ぶ際、まず選ぶポイントの一つの毛質についてのご紹介です。

人口毛まず医療用ウィッグを選ぶ際に、人毛、人工毛、ミックス毛の3つの毛質から選ぶことが必要になります。人毛は人の毛100%でカットやセット、ドライヤー、シャンプーなど自分の髪のように自由にできますが、価格的には高くなります。耐久性はとても良いと言われています。次に人工毛は価格はずっと人毛より安く購入できますが、耐久性がいまひとつです。静電気も出やすく不自然なツヤがあり、ヴィックっぽさが目立ちます。ミックス毛は人毛と人工毛の中間で、その割合によって価格も違ってきますが、5:5の割合が多いようです。価格も耐久性も人工毛と人毛の中間。見た感じはとても自然で扱いやすさもメリットです。癌の場合約1年~1年半必要なので、耐久性や自然な仕上がりを考えるとミックス毛や人毛がおすすめです。しかし幾つかデザインの違うウィッグを持っておき、気分で変えるという場合は、人工毛で楽しむのもいいかも知れません。